最高のゲーム実況体験を! 選ぶべきおすすめPC特集

目次

ゲーム実況に最適なPCの選び方

ゲーム実況に最適なPCの選び方

重視すべきスペックとは

ゲーム実況に最適なPC選びでは、まずプロセッサーの性能に注目です。

高負荷がかかるゲームプレイと同時のストリーミングを行うためには、多コア・多スレッドに対応したCPUが必要不可欠です。

具体的には、Intel Core i7以上やAMD Ryzenシリーズの中でも、5以上のモデルが望ましいです。

次いで、グラフィックカードですが、こちらもゲームの映像を滑らかに、そして高解像度で配信するためには力強いサポートが求められます。

NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、現代のゲームに対応した高性能なものを選ぶことが肝心です。

さらに、メモリは最低でも16GBは搭載しておくと、複数のアプリケーションを同時に稼働させても快適です。

ゲーム実況では、ゲームソフトのみならず、配信ソフトやチャットツールなど、同時に多くのプロセスが走るため、余裕をもったスペックが求められます。

ストレージに関しては、速度の速いSSDをメインにし、容量もゲームや録画データで不足しないように少なくとも1TB以上を目安にすると良いでしょう。

ゲーム実況専用のPCを選ぶ際には、これらのスペックを踏まえた上で、自分の配信するゲームのジャンルや求められる画質を考慮しつつ、最適な構成を見極めることが成功の鍵となります。

最終的には個々の用途に合わせたカスタマイズが可能なメーカーやブランドから選ぶことが、自分にとって最適なゲーミングPCを手にする近道なのです。

予算に応じたPCセレクト

ゲーム実況においては、画質の良さや快適な操作性、そして何よりも安定したパフォーマンスが求められます。

予算に応じたPC選びは、最適なゲーム実況環境を整える上で不可欠なステップです。

低予算の範囲であれば、コストパフォーマンスに優れたミドルレンジのGPUを搭載し、十分な処理能力を持つCPU、及び必要十分なメモリ容量を兼ね備えたPCを選ぶことが重要です。

一方、予算に余裕がある場合は、高品質なゲーム映像をストリーミングしながら快適にゲームをプレイするために、上位モデルのGPUを搭載したPCや、多くのアプリケーションを同時に立ち上げるための大容量RAM、さらには高速なSSDを検討すると良いでしょう。

これにより、処理速度とデータ転送のスピードの向上を実現し、視聴者にとってもより高品質な視聴体験を提供できます。

また、長時間のゲーム実況に耐えうる冷却システムや、アップグレードのしやすさなども考慮に入れた選択が求められます。

ゲーム実況PCは単なるゲーミングPC以上のものであり、視聴者を惹きつける魅力的なコンテンツを作るためのパートナーと言えるのです。

選ぶPCが実況者の個性を大きく反映し、その後の活躍に繋がるため、予算に見合った最良の選択を心がけましょう。

ゲーム実況で求められるPC性能

ゲーム実況で求められるPC性能については、まずゲームの快適な実行が可能なプロセッサとグラフィックスカードが不可欠です。

高性能なCPUは、複数のタスクを同時に処理するためゲーム実況においてストリーミングのエンコードとゲームプレイをスムーズにこなします。

また、ゲームの映像を高解像度で出力するためには、パワフルなグラフィックスカードが重要となります。

これに加えて、大容量のRAMはゲームと実況ソフトウェアを同時に動作させる際にメモリ不足を防ぎ、効率的なデータ処理をサポートします。

ストリーミングには速度の速いインターネット接続が必須ですが、これをサポートするためには高速なネットワークカードや最新のWi-Fiスタンダードに対応した機器もかかせません。

さらに、長時間のゲーム実況に耐えうるような高品質の冷却システムも、PC選びの大切な要素です。

ゲーム中の動画録画が伴う場合は、そのデータを保存するためにも大容量のストレージスペースが必要であり、SSDの使用は高速な読み書き速度でゲーム実況の快適性をさらに高めてくれます。

最適なゲーム実況用PCはこれらの性能要件を満たすことに加え、ユーザーの予算や実況するゲームのタイプによって選ぶべきスペックが異なります。

高画質でのストリーミングや最新ゲームのプレイにはより高いスペックが求められるため、ゲーム実況者は自身のニーズをしっかりと把握した上で最適なPCを選択するべきです。

完璧なゲーム実況のためには、これらの要素を総合的に考慮し、一つ一つのパーツが調和するように選び抜くことが成功への鍵となるでしょう。

ゲーム実況者に人気のPCブランド

ゲーム実況者に人気のPCブランド

実況プロが選ぶトップブランド紹介

ゲーム実況者に人気のPCブランドを探るとき、特に注目するべきはそのパフォーマンスと信頼性です。

まず頭にくるのは、強力な処理能力を誇るGALLERIAでしょう。

デルのゲーム専用ブランドとして知られ、圧倒的な性能と斬新なデザインが多くのプロゲーマーや実況者から愛されています。

彼らにとって、高フレームレートと安定した動作が求められるため、このブランドから目を離せません。

次に、カスタマイズ性と拡張性に優れたマウスコンピューターが挙げられます。

選べる部品の幅広さと専門のカスタマーサポートは、こだわりの強い実況プロには欠かせない要素です。

さらに、彼らは見た目のカスタマイズも重視する傾向があり、個性を光らせる多彩なオプションを提供しています。

また、パソコンショップSEVENも忘れてはならないブランドです。

特にこのブランドは、ハイエンドなコンポーネントを搭載しつつも、創造的な冷却システムでそのパワーを最大限に活用する点が魅力的です。

長時間のゲーム実況でもパフォーマンスの低下を最小限に抑えるため、多くの実況プロがパソコンショップSEVENを信頼しています。

最後に、多岐にわたる製品ラインナップで知られるMSIは、プロの間での定番となっています。

特にゲーミングモニターやマザーボードなど、パーツ単位での評価も高く、それらを組み合わせて最適な仕様のPCを構築できる点が高く評価されています。

これらのブランドは、ゲームを愛するすべての人々に、最高峰の体験をもたらすための強力な選択肢となっています。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ゲーミングPC ZEFTシリーズ
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN ホームページ

信頼性とパフォーマンスのバランス

ゲーム実況者が求めるPCはただ速ければいいというものではありません。

信頼性とパフォーマンスを高いレベルでバランスさせることが、長時間のストリーミングや編集作業を行う上での必須条件です。

例えば、ドスパラのGalleriaやマウスコンピューターのG-Tune、パソコンショップSEVENのZEFTは、その優れた冷却システムにより、長時間の激しいゲーミングセッションでもPCの状態を安定させることができます。

また、ユーザーが自由にカスタマイズできる点で評価され、必要に応じて追加のグラフィックカードやメモリの増設が容易なため、将来的なアップグレードも見越した堅牢性が魅力です。

さらに、信頼性の高さから多くのプロゲーマーに愛用されるMSIも注目のブランドです。

MSIのPCは搭載される高性能パーツの選定に定評があり、ゲーム実況に求められる複数アプリケーションを同時にスムーズに動作させる力強いマルチタスキング能力を備えています。

耐久性にも優れ、頻繁なトラベルが必要なゲーム実況者でも安心して使用できる点は、高い価値を持つと言えます。

このように、信頼性とパフォーマンスはゲーム実況者にとって切り離せない二つの要素であり、プレイの質を左右するだけでなく、視聴者に最高のエンターテイメントを提供するためにも重要なポイントです。

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49J

パソコンショップSEVEN ZEFT Z49J
【ZEFT Z49J スペック】
CPUIntel Core i5 14400F 10コア/16スレッド 4.70GHz(ブースト)/2.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースThermaltake Versa H26
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z49J

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAG

パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAG

エンスージアスト級のパワーを備えるゲーミングPC、プレイヤーの期待に応えるマシン
バランスドハイパフォーマンス、最新技術と高速32GB DDR5メモリで圧巻のパフォーマンスを誇るモデル
話題のCorsair 4000D Airflow TG、隅から隅まで計算されたクールなデザイン、美しさも機能も両立するPC
Ryzen 9 7950X搭載、プロセッシング性能の新境地を切り開く、ハイエンドユーザーに捧げるゲーミングPC

【ZEFT R56DAG スペック】
CPUAMD Ryzen9 7950X 16コア/32スレッド 5.70GHz(ブースト)/4.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 360mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 360L CORE ARGB
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R56DAG

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

ハイパフォーマンスと価値を両立!これが次のレベルアップゲーミングPC
強さとスマートさを兼ね備えた、バランス抜群のマシンで勝利をつかもう
スタイリッシュなキューブケースで魅せるデスクトップ、コンパクトさも大きな魅力
最新のCore i5で、どんなタスクもスムーズにこなす、パワフルなPC

【ZEFT Z45XAC スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR4 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースASUS Prime AP201 Tempered Glass ホワイト
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45XAC

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

力強いパフォーマンスに優美なゲーム環境をコミットするアドバンスドレベルゲーミングPC
64GBの大容量DDR5メモリと先進のRTX 4070、滑らかでタフなスペック総合力
省スペースに新たな美学を刻む、スマートなキューブ型ケースデザインで存在感を放つマシン
最新Ryzen5 7600が拓く一瞬先を行く処理速度、専門家も納得のCPU領域

【ZEFT R52E-Cube スペック】
CPUAMD Ryzen5 7600 6コア/12スレッド 5.10GHz(ブースト)/3.80GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R52E-Cube

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FB

パソコンショップSEVEN ZEFT R53FB

ハイエンドな実力で遊びも仕事も余裕のゲーミングPCモデル
特筆すべきバランス、16GB DDR5と1TB NVMe SSDの黄金コンビ
コンパクトながら明るく映える、クリアサイドパネルの省スペースケース
Ryzen 7 7800X3D、革新的パワーで次世代ゲームを制圧

【ZEFT R53FB スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060Ti (VRAM:8GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースINWIN A1 PRIME ピンク
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット MSI製 B650I EDGE WIFI
電源ユニット750W 80Plus GOLD認証
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53FB

実況者に支持される理由の徹底分析

ゲーム実況者に人気のPCブランドが支持される理由は、まさにその性能と信頼性に他なりません。

高解像度で滑らかな映像を実現する強力なグラフィックカードは、迫力のあるプレイ映像をファンに提供するために不可欠です。

また、複数のアプリケーションを同時に快適に動かせる高速なプロセッサは、実況中のストレスを軽減し、没入感を高めることに貢献しています。

さらに、堅牢性に優れた構造は長時間の使用にも耐えうるため、長期にわたる投資としても安心感を与える要素です。

冷却システムの効率性も見逃せないポイントであり、PCのパフォーマンス維持のための冷温保持はなくてはならない機能とされています。

こうしたハードウェア面の充実はもちろんのこと、より良い視聴体験を提供するためのソフトウェアサポートも重要視されます。

専用のストリーミングソフトウェアや、編集ソフトウェアが予め搭載されていることは、実況者の作業効率を大幅に高めるからです。

通信機能の安定性も非常に大きな要素で、途切れることなく実況を続けるためには優れたネットワークインターフェースが求められます。

実況者たちはこれら一流のPCブランドによって、視聴者に対し最高のパフォーマンスを提供できると確信しており、それが信頼と支持へと繋がっているのです。

妥協のない品質と、ユーザーフレンドリーな設計が、実況者たちのクリエイティブな表現を後押しし、視聴者を魅了する実況動画の生成に寄与しています。

これらは、ゲーム実況者が高い評価をする理由の核心であり、その結果、多くのプロフェッショナルに選ばれ続けているのです。

ゲーム実況PCの性能をフル活用するための周辺機器

ゲーム実況PCの性能をフル活用するための周辺機器

ヘッドセットからマイクまで

ゲーム実況者が視聴者に忘れられない影響を与えるためには、明瞭な音声と鮮明な通話が不可欠です。

この目標を達成する鍵となるのが、ヘッドセットとマイクの選択です。

高品質なヘッドセットは、細部までこだわり抜いた音響設計によって、ゲームの臨場感を高め、実況の没入感を強化します。

また、耳に負担をかけない快適な装着感は、長時間にわたる配信でも疲れを感じさせません。

さらに、高性能なノイズキャンセリング機能を備えたマイクは、周囲の騒音を遮断し、視聴者にクリアな声を届けるための重要な役割を果たします。

熾烈なバトル中でも、敵の足音を正確に聞き分けたり、仲間とのコミュニケーションをスムーズにとるためには、ヘッドセットの選択が肝心です。

マイクにおいても、細やかな声のトーンや感情を正確に視聴者に伝えるべく、感度とレスポンスが優れたものを選ぶことが求められます。

それには、アコースティックパターンを自在に調節できる機能性に富んだモデルが理想的です。

ストリーミング中の溝口操作も考慮し、手元で簡単に音量調整ができるデザインが望ましいでしょう。

これからのゲーム実況PC選びでは、抜群のパフォーマンスを誇るPC本体だけでなく、それを最大限に引き出すヘッドセットからマイクまでの周辺機器選びがポイントとなります。

実況者が映像と音声を通じて創り出す世界観は、これらの機器によってより深化され、視聴者にとって忘れがたい体験を届けることができるのです。

ゲーム実況をもっと快適にするアクセサリー

本日のテーマは、ゲーム実況を格段に快適にするアクセサリー群のご紹介です。

優れたゲーミングマウスは、精密な操作が要求される場面での正確性とスピードを向上させ、応答性の高いゲーミングキーボードは、素早いアクションに対し即時に反応することが可能です。

また、クリアな音質を提供するヘッドセットは、実況中のコミュニケーションだけでなく、ゲームの没入感を深める要素ともなります。

録音機能が優れたマイクを備えていると、視聴者にとってクリアな音声でコンテンツを楽しめるため、配信者としての信頼感が高まります。

画質を左右するウェブカメラにも、高解像度で鮮明な映像を提供できるものを選ぶことが肝心です。

ゲーム実況では視覚情報が中核をなすため、鮮やかで滑らかな映像は視聴者を引きつける重要な要素となります。

さらに、ストリーミングをする上で重要なのが、安定したインターネット接続を実現するための高性能ルーターや有線接続機器です。

これらの機器によって、低遅延で安定した配信が可能となり、視聴者にストレスのない視聴環境を提供できるのです。

統合ストリーミングソフトウェアもまた、配信の複雑なプロセスを単純化します。

画面のレイアウト調整からチャットのインタラクション、さらには多彩なストリーミングプラットフォームへの同時配信まで一手に担います。

ゲーム実況の魅力は、ただゲームをプレイするだけではなく、配信者と視聴者が共に作り上げていく体験にあります。

このようなアクセサリーを活用することで、ゲーム実況はひと味違ったエンターテインメントへと昇華され、配信者にとっても視聴者にとっても忘れがたい時間となるでしょう。


映像・音声品質を向上させる重要アイテム

ゲーム実況でプレイヤーが最も注意すべきポイントは、疑うことなく映像と音声の品質です。

視聴者が求めるのは、クリアで滑らかな映像と鮮明な音声を通じたリアルタイムのゲームプレイ体験を共有することにあります。

実況者として、これらを向上させるために欠かせないのが高性能なグラフィックカードとオーディオインターフェイスです。

グラフィックカードは、ライブストリーミング中も快適なフレームレートを保ち、最新ゲームでも滑らかな映像出力を担保します。

また、専用のオーディオインターフェイスは、マイクからの声やゲーム音を明瞭かつクリアに伝達し、それらを配信ソフトウェアへ遅延なく送出する役割を果たします。

さらに、高品質なウェブカメラは視聴者にあなたの反応や表情を伝え、配信への没入感を高める一方で、柔軟なアームや台座を備えたマイクスタンドは、ストリーミング中のノイズや不意な振動を最小限に抑えることができます。

ゲームの音だけでなく、配信者の声もクリスタルクリアに届けるためには、ノイズキャンセリング機能付きの高品質なマイクを選ぶことも重要です。

これらが更なる視聴体験の質を高めるには、それに見合ったサウンドカードやスピーカー、さらにはプロフェッショナルなミキシング機能を搭載したソフトウェアの採用も視野に入れる必要があります。

最適化された設定を施されたこれら周辺機器の組み合わせによって、ゲーム実況PCの潜在能力は最大限に発揮され、圧倒的な実況体験を視聴者に提供することができるのです。

ゲーム実況PCのカスタマイズポイント

ゲーム実況PCのカスタマイズポイント

パーツ選びの基本

ゲーム実況を行う上で最も重要なのは、ストリーミングの質を左右するPCの性能です。

その心臓部となるのがプロセッサーで、多くのゲームと同時にストリーミングを行うためには、高性能なCPUが必須になります。

画質に直結するグラフィックカードも、最新ゲームを滑らかに表示し、視聴者に快適な視聴体験を提供するためには欠かせません。

また、サクサクとした操作感を実現するためには、十分な容量と速度を持つRAMが必要です。

実況では快適なプレイ環境が求められるため、静音性にも優れた冷却システムが推奨されます。

これにより、長時間の使用でもPCを適切な温度に保ち、安定したパフォーマンスを維持することができます。

さらに高速な読み書きが可能なSSDを採用することで、ゲームのロード時間の短縮と快適な実況環境の両立が実現します。

最適なPC構築の鍵を握るのは、これら各パーツのバランスです。

ゲーム実況に特化したPCを組み立てる際には、現在のトレンドや将来的なアップグレードの可能性も考慮すると良いでしょう。

実際のゲーム実況シーンを想定し、選択したパーツがどのように機能するのかを予め検討することで、最高のゲーム実況体験を実現するPCを構築することができます。

BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN スペック検索
BTOパソコン通販 パソコンショップSEVEN クリエイター向けPC EFFAシリーズ

クリエイター向けPC おすすめモデル5選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AH

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AH

力強いパフォーマンスとハイクオリティな体験を兼ね備えたリファインドミドルグレードゲーミングPC
64GBの大容量メモリ、先進のプロセッシング能力、均整の取れた究極体験を叶える
透明パネルが映し出す、内部のRGB幻想世界。Corsair 5000Xでスタイルを際立たせる
Core i7 14700Fが魅せる処理速度、プロフェッショナル領域の仕事も遊びも完全サポート

【ZEFT Z47AH スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ64GB DDR5 (32GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ DeepCool製 水冷CPUクーラー LE520
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット650W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AH

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCEA

パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCEA

エキスパートのための高性能ゲーミングPC、遊び心も忘れない白いマシン
バランスとパワーの粋を集めた、壮麗なスペックで挑戦者を虜に
クリスタルパネルで煌めく、洗練されたNZXT H6 Flow Whiteの美学を感じるケース
力強く、スムーズに。Core i7-14700KFが君臨する操作感

【ZEFT G42DCEA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT G42DCEA

パソコンショップSEVEN EFFA G05E

パソコンショップSEVEN EFFA G05E

高性能ゲーミングPC、アドバンスドミドルクラスのパフォーマンスを体感せよ
リアルタイムレイトレーシング? こちらRTX 4070 Super搭載で応えます
煌めくNZXT H6の清潔感漂うホワイトケースに注目
最新の力、Core i7 14700KFで、処理速度の壁を突破

【EFFA G05E スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 Super (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
キャプチャカードキャプチャボード AVERMEDIA Live Gamer 4K GC575
ケースNZXT H6 Flow White
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASUS製 TUF B760M-PLUS WIFI D4
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN EFFA G05E

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKA

究極のフレームレートを求めるゲーマーへ、最適化されたハイスペックゲーミングPC
RTX™ 4070搭載、i7-14700KFでスムーズな動作と鮮烈なビジュアルをバランス良く実現
Corsair 5000X RGB, クリアサイドパネルでスタイルと機能が同居するデザイン性豊かなケース
Core™i7-14700KFで躍動する、マルチタスクに強い圧倒的パフォーマンスを体感

【ZEFT Z45AKA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
SSD SSD 2TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4850Gbps WD製)
ケースCorsair iCUE 5000X RGB
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45AKA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADA

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADA

プロの戦場に立て、アドバンスドミドルレベルのゲーミングPCがここに
最新ゲームもサクサク動く、均整の取れた高速メモリと強力なGeForce RTX 4070
NZXT H9 ELITE WHITEが纏う純白の装い、内部を覗かせるクリアサイドパネルで魅了
Core i7の力強いパフォーマンス、プロセッサの限界に挑め

【ZEFT Z45ADA スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070 (VRAM:12GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H9 Elite ホワイト
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel H770 チップセット ASUS製 TUF Gaming H770-PRO WIFI
電源ユニット750W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45ADA

自作PCで差をつけるメリット

ゲーム実況PCのカスタマイズポイントを掘り下げると、自作PCで差をつけるメリットが見えてきます。

自作PCはその名の通り、用途に合わせたパーツ選びから組み立てまでを自ら行うもので、実況者にとってこれ以上ないカスタマイズ性を誇ります。

各パーツを自分の手で厳選することで、必要とするスペックや機能を完璧にマッチさせることができるため、ストリーミングや動画編集といった重たい処理を要求されるゲーム実況に最適な環境を構築できます。

さらに、市販のPCと異なり、自作PCでは最新のパーツを随時付け加えることが可能です。

これにより、技術の進化に応じたアップグレードで、長期にわたり最前線での実況が実現します。

コストパフォーマンスも優れているため、ゲーム実況に必要な高性能PCを、無駄なコストをかけずに手に入れることができます。

加えて、自作PCの経験は独学でのスキルアップにも繋がり、トラブル時の修理・対処能力を身につけられる点も大きな利点です。

ゲーム実況では想定外のトラブルも少なくないため、そのような場面で迅速に解決に導く知識は大きな強みとなります。

自作PCで差をつけるメリットは、コスト、性能、アップデートの容易さ、そして知識の習得にあるのです。

実況者が求める最適な動作環境を自らの手で創造し、視聴者に卓越したエンターテインメントを提供する一助となります。

自作PCはただの道具ではなく、実況という珠玉のコンテンツを生む鍵であると言えるでしょう。

カスタマイズにおける注意点

ゲーム実況用のパーソナルコンピュータをカスタマイズする際、いくつかの注意点があります。

性能が高いほどよいと考えがちですが、最重要事項はバランスの良さです。

例えば、高性能なグラフィックスカードを搭載しても、処理速度が追いつかないCPUではその性能を発揮できません。

また、ゲームの同時配信ではCPUに大きな負荷がかかるため、ゲーム用と配信用の処理を分担できるマルチコアのCPUを選ぶことが肝心です。

ストレージに関しても、速度が求められます。

長時間の実況プレイをスムーズに行うには、ゲームのロード時間を短縮する快速なSSDの選択が不可欠です。

音質も重要な要素であり、クリアな音声を提供するためにはノイズキャンセリングが可能な高品質なマイクとサウンドカードの導入を検討する必要があります。

冷却システムにも配慮が必要です。

高負荷がかかる作業を長時間行うと、PCの内部温度が上昇し、パフォーマンスが低下する可能性が出てくるため、適切な冷却機能を持ったケースや十分な空冷、液冷システムかが、重要になります。

最後に、カスタマイズにおいて外観も忘れてはいけません。

ストリーマーにとってPCの見た目は、視聴者にとっての視覚的な楽しみの一部であり、個性を反映するためにも、LEDライティングやケースデザインなどにこだわるとよいでしょう。

それぞれのコンポーネントを緻密に選び、互いに最良の相乗効果を生むよう配慮することで、最高のゲーム実況体験が実現できるのです。

格安でも高性能! コストパフォーマンス抜群のゲーム実況PC

格安でも高性能! コストパフォーマンス抜群のゲーム実況PC

お手頃価格のモデル紹介

ゲーム実況に最適なPCを選ぶとき、価格と性能のバランスが重要です。

高性能でありながら、お手頃価格のモデルはまさに宝探しのようなもの。

コストを抑えつつ、快適なゲーム配信が可能なPCとは、強力なプロセッサ、十分なメモリ量、そして堅牢なグラフィックスカードを搭載しているものを意味します。

特に、複数のアプリケーションを同時に動かしながらでもスムーズに動作するマルチタスキング能力が求められるため、適切な選択が肝心です。

例えば、AMD Ryzenシリーズのプロセッサを搭載したデスクトップは、コストパフォーマンスに優れており、多くの実況者から支持を受けています。

また、NVIDIA GeForceシリーズやAMD Radeonシリーズのグラフィックボードをオンボードしていることは、なめらかな映像配信を実現するために不可欠です。

ストレージに関しては、ゲームのロード時間を短縮するためにSSDを選ぶことが推奨されますが、大容量のデータを保存する必要がありますので、追加でHDDを搭載しているモデルも魅力的です。

ここで重要なポイントは、将来的なアップグレードのための拡張性も考慮することです。

例えば、メモリスロットが余分にあるPCは、必要に応じてRAMの追加が可能であり、長期的に見てもコストを抑えつつパフォーマンスを向上させることができます。

ゲーム実況は続々と進化する分野ですから、予算内で最も効果的なプラットフォームを選択することで、面白く楽しい配信という目標を現実のものにすることができます。

高価な最先端機材に目が行きがちですが、賢い選択肢は必ず存在し、お手頃価格のPCでもプロ並みの実況が可能なのです。

クリエイター向けPC おすすめモデル4選

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

ハイエンドゲーマーへ捧ぐマシン。ソフィスティケートスタンダードグレードの実力を体感せよ
快速プロセッサとRTXの融合で極めた、ゲームにもクリエイティブにも対応するスペックの絶妙バランス
クリアビューパネルが放つ、鮮烈な光彩。Corsairのエアフロー設計でパフォーマンスとロマンスを両立
心臓部はCore i7 14700KF。処理能力の高さが、あらゆるタスクを次元上昇へ導く

【ZEFT Z45DAY スペック】
CPUIntel Core i7 14700KF 20コア/28スレッド 5.50GHz(ブースト)/3.40GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4060 (VRAM:8GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースCorsair 4000D Airflow TG Black
CPUクーラー水冷 240mmラジエータ CoolerMaster製 水冷CPUクーラー 240L CORE ARGB
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45DAY

パソコンショップSEVEN ZEFT R53H

パソコンショップSEVEN ZEFT R53H

ハイエンドのゲームをストレスフリーで楽しむハイグレードゲーミングPC
力強いパフォーマンスと最新技術が絶妙に融合したスペックの傑作マシン
スタイリッシュで冷却性能抜群のNZXT H5 Flowケースに注目
驚異的な計算速度、Ryzen 7 7800X3Dがもたらす非凡な処理能力

【ZEFT R53H スペック】
CPUAMD Ryzen7 7800X3D 8コア/16スレッド 5.00GHz(ブースト)/4.20GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ16GB DDR5 (8GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:5150Gbps/4900Gbps WD製)
ケースNZXT H5 Flow White
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードAMD B650 チップセット ASRock製 B650M PG Riptide WIFI
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (外付け)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT R53H

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z45N

パワフルなゲーミングパフォーマンスを目指すあなたに、このゲーミングPCが必携
ハーモナイズのスペックで快適操作、今日のプレイも明日の仕事もこのマシンで
シックなAntec P10 FLUXでスタイルも機能もグレードアップ、デザインPC
新世代のエフォートレスパワー、Core i5-14600KFで高速処理の極みを

【ZEFT Z45N スペック】
CPUIntel Core i5 14600KF 14コア/20スレッド 5.00GHz(ブースト)/3.50GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR5 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel Z790 チップセット ASRock製 Z790 Pro RS WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z45N

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AU

パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AU

高性能な用途を想定したゲーミングPC、プロが求めるミドルハイレベルの実力派マシン
32GBメモリとGen.4対応SSD搭載、最新ゲームも快適に楽しめるスペックのバランス
Antec P10 FLUXケース採用、洗練された外観と静音性が魅力のミドルタワー
Core i7 14700F搭載、マルチタスクもスムーズにこなすパワフルCPU

【ZEFT Z47AU スペック】
CPUIntel Core i7 14700F 20コア/28スレッド 5.30GHz(ブースト)/2.10GHz(ベース)
グラフィックボードGeForce RTX4070Ti SUPER (VRAM:16GB)
メモリ32GB DDR4 (16GB x2枚 Crucial製)
ストレージSSD 1TB (m.2 nVMe READ/WRITE:7300Gbps/6300Gbps WD製)
ケースAntec P10 FLUX
CPUクーラー空冷 DeepCool製 空冷CPUクーラー AK400
マザーボードintel B760 チップセット ASRock製 B760M Pro RS/D4 WiFi
電源ユニット850W 80Plus GOLD認証 電源ユニット (Silverstone製)
無線LANWi-Fi 6E (IEEE802.11ax/11ad/11ac/11n/11a/11g/11b)
BlueToothBlueTooth 5
光学式ドライブDVDスーパーマルチドライブ (内蔵)
OSMicrosoft Windows 11 Home
パソコンショップSEVEN ZEFT Z47AU

価格を抑えて実況を始めるコツ

ゲーム実況用のPC選びでは、最初の一歩を踏み出すために価格の壁を感じることがしばしばありますが、コストを抑えながら高性能を求めることは可能です。

重要なのは、実況に最低限必要なスペックを把握し、それに合わせたパーツ選びをすることで、無駄を省いた賢い投資ができるのです。

例えば、プロセッサはリアルタイムエンコーディングの要ですが、最新モデルにこだわらず、一つ前の世代のものを選ぶだけで価格を大幅に抑えることができます。

同様に、グラフィックカードも高額なハイエンドモデルよりも、ミドルレンジのもので十分な場合が多いです。

ゲーム実況では安定したフレームレートが求められますから、過剰なスペックよりもその点を重視することが重要です。

また、RAMに関しては、大容量を備えるよりも、必要にして十分な量を選ぶべきです。

16GBあれば大半の実況には充分でしょう。

ストレージも、高速なSSDをメインに置きつつ、録画データの保存用に大量のHDDを併用するのが賢い選択です。

これにより、システムの応答性を保ちつつコストを抑えられます。

さらに、自作PCに挑戦することもオススメします。

市販の完成品を購入するよりも、自分でパーツを選び組み立てることで、一つ一つのコンポーネントに対する理解を深めるとともに、コストを大きく節約できるからです。

最終的に、ゲーム実況用PCを選ぶ際には、予算内で最適なパフォーマンスを引き出せるようなバランスを見極めることが肝心です。

性能だけを追い求めるのではなく、必要十分なものを見極めるセンスが、コストパフォーマンス抜群のゲーム実況PCを手に入れるためには不可欠なのです。

予算別おすすめ機種の比較

ゲーム実況の世界において、予算に応じた理想的なPC選びが重要です。

最初に考慮すべきは、プレイするゲームの種類と必要とされるスペックです。

アクション満載の3Dゲームでは、グラフィックカードの性能が大きく影響しますので、たとえ予算が限られている場合でも、NVIDIAのRTX4060やAMDのRadeon RX 7600 XTといった中堅クラスのカードを選択すると、快適なゲームプレイと同時に、高品質のストリーミングが可能になります。

次に重要なのはプロセッサです。

ゲーム実況用PCには、複数の作業を同時進行できる十分なパワーが必要とされます。

例えば、AMD Ryzen 5シリーズやIntel Core i5シリーズは、コストを抑えつつも十分な性能を提供してくれるため、多くの予算意識型ユーザーに適しています。

さらにメモリもゲーム実況においては忘れてはならない要素です。

最低限必要とされるのは16GBですが、手頃な価格で32GBにアップグレードできる機種も増えてきていますから、将来的なアップデートを見越しておくと良いでしょう。

そして、ストレージに関しては、速度重視ならSSDが最適です。

ゲームのロード時間を改善し、OSやソフトウェアの起動速度を格段に上げるためにも、SSDは必須の選択肢です。

容量は512GB以上が推奨されますが、予算に余裕があれば1TBを選ぶことで、多くのゲームと録画データの保存にも対応可能になります。

これらを踏まえながら、コストパフォーマンスに優れた機種は市場に数多く存在します。

例えば、AcerのPredatorシリーズやDellのGシリーズは妥協せずにゲーム実況が始められるおすすめのモデルではないでしょうか。

大切なのは予算内で最もバランスの取れたスペックを持つPCを選ぶことです。

実際に比較検討を行う際には、上述した各コンポーネントを念頭に置きつつ、後悔のない選択を目指しましょう。


ストリーミング品質を左右するゲーム実況PCのスペック詳細

ストリーミング品質を左右するゲーム実況PCのスペック詳細

ストリーミング時のリソース管理

ストリーミング時のリソース管理がゲーム実況の品質に大きな影響を与えます。

ゲームをプレイしながらその様子をリアルタイムで配信するには、高い処理能力と安定したパフォーマンスが求められ、これを実現するためには適切なスペックが必要です。

例えば、マルチコアの強力なCPUは配信中のソフトウェアエンコーディング作業をスムーズにこなします。

また、ゲーム実況ではグラフィックの細部まで高解像度で伝えたいため、高性能のGPUが不可欠です。

さらに、ゲームのロード時間を短縮し、プレイ中のフレームレートを安定させるためには、高速なSSDと十分なRAM容量が重要です。

生放送では予期せぬトラブルが発生しやすいため、PC内部は冷却システムによって適切に温度管理される必要があります。

これにより、長時間にわたる配信でもシステムの安定性を保ちます。

また、高速なインターネット接続はストリーミングにおいて遅延を最小限に留めるために役立ち、視聴者に快適な視聴体験を提供します。

最終的にはこれらの要素が組み合わさり、無駄なくパワフルなパフォーマンスを発揮することで、クリスタルクリアな映像とシームレスなプレイ体験を視聴者に届けることが可能です。

適切なリソース管理を行うことで、ゲーム実況PCは配信者にとっても視聴者にとっても最高の体験を実現します。

人気PCゲームタイトル一覧


ゲームタイトル 発売日 推奨スペック 公式
URL
Steam
URL
Street Fighter 6 / ストリートファイター6 2023/06/02 プロセッサー: Core i7 8700 / AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: RTX2070 / Radeon RX 5700XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Apex Legends / エーペックスレジェンズ 2020/11/05 プロセッサー: Ryzen 5
グラフィック: AMD RadeonR9 290, GeForce GTX 970
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
ELDEN RING / エルデンリング 2022/02/25 プロセッサー: Core i7-8700K or Ryzen 5 3600X
グラフィック: GeForce GTX 1070 or AMD RADEON RX VEGA 56
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ペルソナ3 リロード 2024/02/02 プロセッサー: Core i7-4790, AMD Ryzen 5 1400
グラフィック: GeForce GTX 1650, 4 GB, AMD Radeon R9 290X, 4 GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
TEKKEN 8 / 鉄拳8 2024/01/26 プロセッサー: Core i7-7700K/AMD Ryzen 5 2600
グラフィック: GeForce RTX 2070/AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Palworld / パルワールド 2024/01/19 プロセッサー: Core i9-9900K
グラフィック: GeForce RTX 2070
メモリー: 32 GB RAM
公式 steam
Baldur's Gate 3 / バルダーズゲート3 2023/08/04 プロセッサー: i7 8700K / AMD r5 3600
グラフィック: 2060 Super / RX 5700 XT (8GB+ of VRAM)
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
ドラゴンズドグマ 2 2024/03/21 プロセッサー: Core i7-10700 or Ryzen 5 3600X
グラフィック GeForce RTX 2080 / AMD Radeon RX 6700
メモリー: 16 GB
公式 steam
ARMORED CORE VI FIRES OF RUBICON 2023/08/25 プロセッサー: Core i5-10400 or Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 590 or Arc A750
メモリー: 12 GB RAM
公式 steam
ホグワーツ・レガシー 2023/02/11 プロセッサー: Core i7-8700 or AMD Ryzen 5 3600
グラフィック: GeForce 1080 Ti or AMD Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Cities: Skylines II 2023/10/25 プロセッサー:Core i5-12600K | Ryzen 7 5800X
グラフィック: GeForce RTX 3080 | RadeonRX 6800 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
サイバーパンク2077:仮初めの自由 2023/09/26 プロセッサー: Core i7-12700 or Ryzen 7 7800X3D
グラフィック: GeForce RTX 2060 SUPER or Radeon RX 5700 XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
DIABLO IV / ディアブロ IV 2023/10/18 プロセッサー:Core i5-4670K or AMD Ryzen 1300X
グラフィック: GeForce GTX 970、Arc A750、Radeon RX 470
公式 steam
オーバーウォッチ 2 2023/08/11 プロセッサー:Core i7 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or Radeon RX 6400
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Monster Hunter World: Iceborne 2020/01/10 プロセッサー:Core i3 or AMD Ryzen 5
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD Radeon RX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
MONSTER HUNTER RISE: Sunbreak 2022/01/13 プロセッサー:Core i5-4460 or AMD FX-8300
グラフィック: GeForce GTX 1060 or AMD RadeonRX 570
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
BIOHAZARD RE:4 2023/03/24 プロセッサー: Ryzen 5 3600 / Core i7 8700
グラフィック: AMD Radeon RX 5700 / GeForce GTX 1070
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
Call of Duty Modern Warfare III 2022/10/28 プロセッサー:Core i7-6700K or AMD Ryzen 5 1600X
グラフィック: GeForce RTX 3060 or AMD RadeonRX 6600XT
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam
デッドバイデイライト 2016/06/15 プロセッサー: Core i3 or AMD FX-8300
グラフィック: 4GB VRAM以上
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Grand Theft Auto V 2015/04/14 プロセッサー: Core i5 3470 / AMD X8 FX-8350 4GHz
グラフィック: GeForce GTX 660 2GB / AMD HD7870 2GB
メモリー: 8 GB RAM
公式 steam
Forza Horizon 5 2021/11/09 プロセッサー: Core i5-8400 or AMD Ryzen 5 1500X
グラフィック: GTX 1070 OR AMD RX 590
メモリー: 16 GB RAM
公式 steam

快適な配信のためのCPUとGPUの関係性

ゲーム実況の心臓部ともいえるのが、CPUとGPUの組み合わせです。

これら二つのコンポーネントが快適なストリーミング配信の実現に欠かすことはできません。

高解像度のゲーム映像をスムーズに処理し、同時に配信するためには、強力なCPUが必須です。

ゲーム実況では、複数のタスクを同時にこなす多重作業が求められるため、マルチコア、マルチスレッドに対応したCPUを選ぶと良いでしょう。

一方で、ゲームのグラフィックを高速にレンダリングするためには、性能の高いGPUが求められます。

特に、リアルタイムでのエンコード作業ではGPUの力が大きく影響しますから、ストリーミング配信の質を左右するといっても過言ではありません。

近年では、NVIDIAのNVENCのような専用のエンコーディング機能を持つGPUが登場し、高いエンコード効率と優れた画質で配信が可能になっています。

重要なのは、CPUとGPUのバランスです。

ゲームの処理に偏りがあると配信に支障をきたしてしまい、視聴者に快適な視聴体験を提供することができません。

例えば、CPUが強力でもGPUがそれに追いつかないと、ゲーム性能が十分に引き出せず、逆にGPUに頼りすぎるとエンコードや配信ソフトウェアの動作が遅くなる恐れがあります。

より詳細に言えば、CPUはIntel Core i7以上、もしくはAMD Ryzen 7シリーズを目安に選ぶと良いでしょう。

そしてGPUは、NVIDIA GeForce RTX4000シリーズ以上を推奨します。

これらの高性能なコンポーネントが組み合わさることで、遅延の少ない、高品質なゲーム実況配信を実現することができるのです。

優れたゲームプレイと同等に、視聴者にとってもこのような技術的な配慮が情報を楽しむ鍵となります。

最新CPU性能一覧


型番 コア数 スレッド数 定格クロック 最大クロック Cineスコア
Multi
Cineスコア
Single
公式
URL
価格com
URL
Core i9-14900KS 24 32 3.20GHz 6.20GHz 41161 2430 公式 価格
Core i9-14900K 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41110 2371 公式 価格
Core i9-14900KF 24 32 3.20GHz 6.00GHz 41110 2371 公式 価格
Ryzen 9 7950X 16 32 4.50GHz 5.70GHz 38579 2090 公式 価格
Ryzen 9 7950X3D 16 32 4.20GHz 5.70GHz 38503 2060 公式 価格
Core i7-14700K 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35500 2247 公式 価格
Core i7-14700KF 20 28 3.40GHz 5.60GHz 35500 2247 公式 価格
Core i9-14900 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33752 2221 公式 価格
Core i9-14900F 24 32 2.00GHz 5.80GHz 33752 2221 公式 価格
Core i7-14700 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32526 2114 公式 価格
Core i7-14700F 20 28 2.10GHz 5.40GHz 32526 2114 公式 価格
Ryzen 9 7900X 12 24 4.70GHz 5.60GHz 29247 2051 公式 価格
Ryzen 9 7900 12 24 3.70GHz 5.40GHz 28847 1981 公式 価格
Ryzen 9 7900X3D 12 24 4.40GHz 5.60GHz 27029 2056 公式 価格
Core i5-14600K 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24633 2115 公式 価格
Core i5-14600KF 14 20 3.50GHz 5.30GHz 24633 2115 公式 価格
Core i5-14500 14 20 2.60GHz 5.00GHz 22070 1960 公式 価格
Ryzen 7 7700X 8 16 4.50GHz 5.40GHz 20358 2027 公式 価格
Ryzen 7 7700 8 16 3.80GHz 5.30GHz 19500 1948 公式 価格
Ryzen 7 7800X3D 8 16 4.50GHz 5.40GHz 17726 1826 公式 価格
Core i5-14400 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16041 1788 公式 価格
Core i5-14400F 10 16 2.50GHz 4.70GHz 16041 1788 公式 価格
Ryzen 5 7600X 6 12 4.70GHz 5.30GHz 15284 1993 公式 価格
Core i3-14100 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9072 1757 公式 価格
Core i3-14100F 4 8 3.50GHz 4.70GHz 9072 1757 公式 価格

ライブ配信と録画に求められるメモリ容量

ゲーム実況で視聴者を魅了するためには、高画質のストリーミングとスムーズなゲームプレイが不可欠です。

この二つを実現する上で、メモリ容量は重要な役割を果たします。

ライブ配信では、ゲームの動作をリアルタイムで処理すると同時に、そのコンテンツをインターネット上にアップロードする必要があります。

そのためには、複数のアプリケーションを同時に効率良く動かすことが求められ、十分なメモリ容量が必要となるのです。

配信の品質を維持しつつ、ゲーム画面の録画を行う場合も、メモリの役割は重要です。

高解像度での録画は大量のデータ処理を伴いますから、メモリはこれらのデータを一時的に保持し、処理する場所となります。

特に、複雑なグラフィックや大規模なマップを含むゲームを扱う際には、より多くのメモリ容量が求められるでしょう。

一般的に、ゲーム実況用のPCでは最低でも16GBのメモリが推奨されますが、より高品質な配信を目指すなら、32GB以上を検討するのが賢明です。

これにより、ハードなゲームプレイや長時間の配信、同時に行う複数のタスクに対しても余裕を持って対応できるようになります。

そうすれば、視聴者に対し最高のゲーム実況体験を提供することが可能となり、信頼とファン層を築き上げることができるでしょう。

品質の高いゲーム実況に必要なメモリ容量を理解し、適切なPC選びに役立ててください。

プロゲーム実況者が推薦するPC設定のコツ

プロゲーム実況者が推薦するPC設定のコツ

配信ソフトの最適設定

ゲーム実況の中核をなすのが配信ソフトです。

その設定を最適化することで、視聴者に快適な視聴体験を提供し、実況者としての魅力を高めることができます。

配信ソフトウェアでは、解像度やビットレート、フレーム率など様々な設定項目がありますが、これらは視聴者のインターネット速度や使用デバイスを考慮して調整する必要があります。

特に重要なのがビットレートで、これは動画の画質と直接関連しており、高ければ高品質ですが、視聴者のバッファリングリスクも増えます。

そこで、一般的な家庭のインターネット速度に適した中間のビットレートを選ぶことが賢明です。

また、解像度は1080pが一般的であり、高画質ながらストリームに負荷をかけず、多くの視聴者が快適に視聴できます。

配信のフレーム率はゲームによって異なりますが、流暢な動きが求められるFPSやアクションゲームでは60fpsの設定が理想的です。

ただし、これはPCの性能がそれをサポートできる場合に限ります。

盛り上がる場面でのPCの処理落ちを避けるためには、実際のPCスペックに合わせた設定が求められます。

さらに、配信ソフトの中にはエンコーダーという、ビデオストリームを処理する設定があり、これをハードウェア(NVENCなど)に設定することで、CPUの負荷を減らすことができ、ゲーム性能を維持しつつ高品質な配信が可能になります。

ゲーム実況を成功に導くためには、これらの設定ポイントを理解し、視聴者の体験を最大限に重視することが極めて重要です。

実況者としての個性と同様に、配信環境の質も視聴者を惹きつける要素となるため、ユーザビリティと視聴者ニーズを踏まえた最適設定の追求が求められます。

遅延を減らすためのネットワーク環境

ゲーム実況では、画面のカクツキや遅延は視聴体験を損なう要因となります。

特にリアルタイム性が重要なオンライン対戦では、少しの遅れも致命的です。

こうした問題を解決するためには、強固なネットワーク環境が欠かせません。

優れたゲーミングPCがあっても、ネットワーク環境が不安定ではそのパフォーマンスは発揮されません。

まず、有線接続の利用をお勧めします。

無線LANよりも、LANケーブルを使用した有線接続の方が安定した通信が可能です。

次に、通信速度が大切ですが、それ以上に重視したいのが、低遅延を実現し続けることです。

この為に、ゲーミングルーターの導入を考慮すると良いでしょう。

ゲーミングルーターは、データの優先順位をゲームに設定でき、他のデータ通信よりもゲームの信号を優先して処理します。

これにより、ゲーム実況中の快適なプレイが可能になります。

さらに、インターネットプロバイダーの選択も重要です。

ゲームに最適化されたプロバイダーでは、ゲームデータのルーティングを最適化して遅延を低減しています。

また、バッファローが溢れないようにモデムやルーターの再起動を定期的に行うことも小さな遅延を解消するために役立ちます。

快適なゲーム実況は、最適なネットワーク環境から始まります。

これらの設定を施すことにより、実況者も視聴者も満足できるゲーミングライフを送ることができるでしょう。

エンコード設定の最適化

ゲーム実況の世界では、スムーズで高品質な映像を提供することが視聴者を魅了する鍵です。

そのためには、エンコードする際の設定最適化が不可欠になります。

エンコードとはビデオやオーディオのデータを圧縮し、配信や保存に適した形式に変換するプロセスのことですが、ゲーム実況ではリアルタイムエンコードの性能が視聴体験に直結します。

まず、使用するエンコードソフトウェアには、OBS StudioやXSplitといった実績のあるものが推薦されます。

これらは多くの設定をカスタマイズ可能で、配信のニーズに合わせた調整が行えるためです。

具体的には、ビットレートの調整が非常に重要になります。

ビットレートが高いほど画質は向上しますが、同時に配信に必要なデータ量が増加するため、視聴者のインターネット環境や、自身のアップロード速度に見合った値を設定することが大切です。

また、解像度とフレームレートのバランスにも注意が必要です。

フルHD(1080p)の配信は鮮明な画質を提供しますが、60fpsでの配信を同時に目指す場合はそれなりのPCスペックが求められます。

そのため、実況PCの性能と配信の目的に応じて、720pの解像度を選択することもあります。

最終的には、視聴者にとって快適な視聴環境を提供するために、エンコード設定で重要なのは調和です。

高い品質を担保しつつ、視聴者がストレスなく楽しめる配信を心がけることが、実況者としての評価を決定づけることでしょう。

ゲーム実況で使いたい高性能グラフィックボード搭載PC

ゲーム実況で使いたい高性能グラフィックボード搭載PC

現行の人気グラフィックカード紹介

ゲーム実況を快適に行うためには、高性能グラフィックボードの選定が欠かせません。

綺麗で滑らかな映像は、視聴者に好印象を与えるだけでなく、ゲームの世界に没入する体験を向上させる鍵となります。

さて、現在、市場にはさまざまなグラフィックカードが存在しており、それぞれが特定の機能や性能で競い合っています。

特にゲーム実況に適したものとして注目を集めているのが、NVIDIAのGeForce RTX40シリーズです。

このシリーズは、リアルタイムレイトレーシングとDLSS(Deep Learning Super Sampling)を実現し、ゲーム画面を驚くほどリアルかつ効率的に描画します。

さらに、高いFPS(フレームレート)を維持する能力は、アクション満載のゲーム実況で特にその価値を発揮します。

同じく人気を博しているのがAMDのRadeon RX 7000シリーズです。

これらのカードは、優れたコストパフォーマンスを提供するだけではなく、高解像度ゲーミングと応答速度の向上に特化しています。

AMDのInfinity Cacheという技術によるメモリバンド幅の最適化は、特に大規模なマップや複雑なシーンが多いゲームにおいて魅力的です。

どのグラフィックカードを選ぶにせよ、ゲーム実況者は視聴者に最高の映像を提供することを心がけるべきです。

そして、この高い目標を実現するためには、時代の最先端を行くグラフィックボードが、プレイヤーと視聴者双方のゲーム体験を豊かにする救世主となるでしょう。

高性能グラフィックボードを搭載することは、ただのゲーミングPCのスペックアップ以上の価値を持ち、まさにゲーム実況における成功への出発点と言えるのです。

最新グラフィックボード(VGA)性能一覧


GPU型番 VRAM 3DMarkスコア
TimeSpy
3DMarkスコア
FireStrike
TGP 公式
URL
価格com
URL
GeForce RTX 4090 24GB 36140 74507 450W 公式 価格
Radeon RX 7900 XTX 24GB 30053 73798 355W 公式 価格
GeForce RTX 4080 Super 16GB 29101 68683 320W 公式 価格
Radeon RX 7900 XT 20GB 26140 67858 300W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Ti Super 16GB 23704 55932 285W 公式 価格
Radeon RX 7800 XT 16GB 19905 50739 263W 公式 価格
GeForce RTX 4070 Super 12GB 19216 51391 220W 公式 価格
GeForce RTX 4070 12GB 17950 46118 200W 公式 価格
Radeon RX 7700 XT 12GB 16971 42665 245W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 8GB 8GB 13446 34788 160W 公式 価格
Arc A770 16GB 16GB 13445 35239 225W 公式 価格
GeForce RTX 4060 Ti 16GB 16GB 13329 34604 165W 公式 価格
Arc A750 8GB 12451 30537 225W 公式 価格
Radeon RX 7600 8GB 10814 31904 165W 公式 価格
GeForce RTX 4060 8GB 10643 28730 115W 公式 価格
Arc A580 8GB 10634 27643 185W 公式 価格
GeForce RTX 3060 8GB 8GB 7328 19722 170W 公式 価格
GeForce RTX 3050 8GB 6265 16125 130W 公式 価格


ゲームの美しさを引き出すGPU選び

ゲーム実況には、壮観なビジュアルが欠かせません。

視聴者が没頭できる美しい映像を生み出すためには、高性能なグラフィックボードが重要な役割を担います。

特に、リアルタイムで再現されるゲーム内の細かいディテールは、強力なGPUによって初めてその真価を発揮します。

次世代のゲームを実況する際には、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズなど、最新のグラフィック技術を支える製品の選択が肝心です。

それぞれのGPUには独自の特徴があり、快適なゲームプレイと配信を実現するためには、その特性を理解することが不可欠です。

例えば、RTXシリーズのレイトレーシング機能は、光の反射や透過を自然に再現し、まるで映画の一場面のようなリアルなグラフィックを実現します。

一方、Radeon RXシリーズはFidelityFX Super Resolutionで、高解像度を維持しつつパフォーマンスを向上させることができます。

実況者が取り上げるゲームの種類によっても、最適なグラフィックボードが異なるため、自らのスタイルに合ったGPUをセレクトすることが、視聴者に最高の視覚体験を提供する観点から見ても、非常に大切です。

さらには、グラフィックボード選びは単なる映像の美しさだけでなく、エンコーディング能力やマルチタスク処理能力にも関わってくるため、ゲーム実況用PC選びにおいては慎重な検討が必要です。

結果、高性能グラフィックボード搭載のPCを選ぶ際には、単にスペック表を眺めるだけでなく、自分が主にプレイするゲームジャンルや配信の形態を熟考し、それらに適した機能を備えたGPUを選択することが、圧倒的なゲーム実況を実現する鍵です。

最適な選択によって、視聴者は美しい映像とスムーズなプレイを心ゆくまで楽しむことができるでしょう。

4K・VRゲーム実況でのグラフィックス性能

4K解像度やVRコンテンツに対応したゲーム実況を行う際、求められるグラフィックス性能は非常に高くなります。

高い応答速度とリアルタイムの処理能力が不可欠で、その中心となるのがグラフィックボードです。

現在、市場には様々な高性能グラフィックボードが存在し、その選定は実況の質を左右する重要なファクターとなります。

実際に4K解像度でのゲーム実況をスムーズにこなすためには、拡張性の高いグラフィックスカードが必須です。

例えば、NVIDIAのGeForce RTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズから高性能モデルを選び、ゲームの詳細なテクスチャや陰影を忠実に出力し、視聴者に高い没入感を提供することが可能です。

特に、ストリーミング中の負荷が増大するVRゲーム実況においては、リアルタイムレンダリングの速度がカギを握ります。

ここでリアルな映像品質の維持ができれば、視聴者をゲーム世界へと深く引き込むことができるのです。

また、グラフィックス性能の高いPCを選ぶことは、複数のアプリケーションを同時に動作させるマルチタスク環境においても利点を発揮します。

ゲームをプレイしながら、ストリーミングソフトウェアとチャットツールをスムーズに使用できるため、配信の効率も格段に向上します。

このように、ゲーム実況用途に特化した高性能グラフィックボード搭載PCを選ぶことは、配信者だけでなく、視聴者にとっても最高の体験を生むために不可欠なのです。

未来を見据えたゲーム実況PCの選択肢

未来を見据えたゲーム実況PCの選択肢

新世代ハードウェアの搭載状況

ゲーム実況に理想的なPCを選ぶ際、最先端のハードウェアの存在は無視できません。

昨今のゲームはグラフィックと演算能力のみならず、ストリーミングの品質も大きく左右するため、新世代のプロセッサやグラフィックスカードは実況者にとって重要な役割を果たしています。

特に、NVIDIAのRTXシリーズやAMDのRadeon RXシリーズといったGPUは、リアルタイムのレイトレーシング描写能力を備え、ゲーマーを魅了する洗練された映像を配信するうえで中心となるコンポーネントです。

また、複雑なシーンでの高速処理を担う多コアのCPUは、ゲームプレイと同時のストリーミング、録画に欠かせないパフォーマンスを提供します。

例えば、IntelのCore i9シリーズやAMDのRyzen 9シリーズは、マルチタスク環境での高い信頼性と速度を約束します。

これらは、実況中にも滑らかなゲームプレイを維持し、視聴者に快適な視聴体験を提供するための鍵となります。

さらに、迅速なデータの読み書きを実現するNVMe SSDの採用は、ゲームのロード時間を劇的に短縮し、ストリーミング中の待ち時間をほぼゼロにすることが可能です。

これは実況者が視聴者を飽きさせることなく、テンポ良くコンテンツを提供するために欠かせない要素となっています。

こうした新世代ハードウェアの搭載は、ゲーム実況者が常に先端を行くために必要不可欠であり、次々と進化するゲームの世界において、視聴者に最高の体験を提供し続けるための実践的な選択と言えるでしょう。

アップグレード可能なPCのメリット

アップグレード可能なPCを選ぶメリットは、なんといっても将来のテクノロジーの進化に対応できる柔軟性にあります。

ゲーム実況を生業とするにあたって、扱うゲームの進化に加え、配信の品質も常にユーザーの期待に応える必要があります。

新しいCPUやGPUが市場に投入された際、完全に新しいシステムに移行する手間とコストを考えると、既存のPCをアップグレードすることで最新の性能を得られるのは大きな利点です。

また、アップグレード可能なPCは、必要に応じてメモリやストレージの増設が容易なので、ゲーム実況の複雑なシナリオにも対応しやすくなります。

例えば、高解像度で長時間の実況を行う場合、より多くのRAMや高速なSSDが求められるでしょう。

これらの要素を後から追加することで、緩やかな費用分散が可能となり、一つの大きな投資として捉えることなく、段階的にシステムをアップデートしていけます。

さらに、自分でPCのアップグレードを行うことには、システムに対する理解を深めるという付加価値があります。

どの部品が実況にどのように影響を与えるのかを知識として身につけることで、より最適な機材選びができるようになりますし、トラブルが発生した際の対処能力も高まります。

最終的にゲーム実況PCはただのツールではなく、配信者の手足ともいえる重要な存在です。

アップグレード可能なPCを選ぶことで、ハイエンドなゲームの進化と共進するだけでなく、実況者としての長期的な成長と発展を目指す一助となるでしょう。

長期的な視点での選び方

ゲーム実況PCを選ぶ際に長期的な視点を持つことは、技術的進化が速いデジタル時代において非常に重要です。

適切なマシンを選択することは、今後数年間にわたって最高のゲーム実況体験を享受するための投資と言えます。

将来を見据えたマシンは、最新のゲームはもちろん、今後リリースされるであろうリソースを要求するタイトルにも対応するパワーを備えている必要があります。

ゲーム実況用のPCを選ぶ際には、アップグレードのしやすさにも注目しましょう。

例えば、CPUやグラフィックカードは将来的に新しいモデルに交換できるように、マザーボードは互換性のあるものを選びます。

また、ストレージ容量もゲームのインストール数が増えることを考慮し、追加や交換が容易な形状を選定することが賢明です。

冷却システムにも目を向けることが大切です。

長時間のゲーム実況はPCに大きな熱負荷をもたらし、効率的な冷却機能は性能の維持と寿命の延長に寄与します。

強化された冷却システムや、水冷式などの高度な冷却オプションを持つPCは、将来の長い目で見るとメリットが大きいでしょう。

さらに、ソフトウェアの互換性も考慮に入れる必要があります。

ゲーム実況には様々な配信ソフトウェアや編集ツールが必要であり、その動作要件に適したスペックを持つPCを選ぶことで、余分な手間やコストを省くことができます。

トラブルなくスムーズな実況活動を目指し、将来的にも柔軟に対応可能なPCを選んでいきましょう。

あわせて読みたい

ストレスフリーな配信ライフへ! 快適おすすめライブ配信PC

デスクトップPCガイド

3Dモデリングマスターへ! おすすめ高性能PC解説

BTOパソコンをおすすめする理由

デスクトップ改革! 2024年注目のおすすめゲーミングPC

おすすめのPCありますか?

ゲームの極み! おすすめ最強ゲーミングPCで夢中になる

パソコンのTierを知ろう

2024年注目! 最新ゲーム用パソコンおすすめランキング

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

映像制作者が選ぶべきパソコンの絶対条件

BTOパソコンX

新時代のゲームを制覇! RTX4080 SUPERおすすめゲーミングPC選び方

おすすめのPCありますか?

プロが教える! AIイラスト自動生成に必要なPC性能とは?

ゲーミングPCおすすめブログ

ビデオ編集PC用途別おすすめ YouTubeから映画制作まで

初心者でも分かるBTOパソコン入門

ゲーミングパフォーマンス大解析! デスクトップPCおすすめランキング

パソコンのTierを知ろう

ライブ配信デビューに最適! 初心者向けおすすめPCガイド

BTOパソコンをおすすめする理由

マンガ制作に特化したPC選びの秘訣! おすすめモデル大公開

デスクトップPCガイド

圧倒的な性能! RTX4070Ti SUPER搭載ゲーミングPCの選び方

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

ゲーミングもデザインも一級品! 選ばれたおすすめホワイトPC

ゲーミングPCおすすめブログ

おすすめのエクストリームゲーミングPC! ハイエンドPC選びの極意

デスクトップPCガイド

スタジオ品質の作品を! おすすめDTM用音楽制作PCマスターリスト

おすすめのPCありますか?

どんなユーザーにも合う! WindowsデスクトップPCのおすすめ機種案内

初心者でも分かるBTOパソコン入門

BTOで夢を叶える! ゲーミングPCおすすめ完全ガイド

BTOパソコンX

ゲーミングPCが欲しい必見! 開発に最適なWindows PC選びの極意

パソコンのTierを知ろう

ハイエンドで攻める! おすすめBTOゲーミングPCカスタムプランナー

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

マンガ制作向けPCの達人選び 信頼できるメーカーとおすすめモデル

BTOパソコンをおすすめする理由

効率化と創造性のための映像クリエイター向けパソコンカスタマイズガイド

ゲーミングPCおすすめブログ

クリエイターのアイディアを現実に おすすめ動画編集PC

初心者でも分かるBTOパソコン入門

AIイラスト自動生成ワークフローのためのPC選定法

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

おすすめPCで夢を形に! 3Dモデリング向け最強機種

パソコンのTierを知ろう

AI開発者必見! おすすめ「AI PC」と最適な仕様の選び方

おすすめのPCありますか?

おすすめ静音PCガイド クリエイターからプログラマーまで必見!

デスクトップPCガイド

ゲーム実況PCの教科書 ハイエンド仕様から入門機まで

BTOパソコンX

動作軽快! Stable Diffusion適用のおすすめPCパーツリスト

初心者でも分かるBTOパソコン入門

究極のAI画像生成体験を支えるおすすめPCガイドライン

ゲーミングPC紹介ゲーマーズPC

よかったらシェアしてね!
  • URLをコピーしました!
  • URLをコピーしました!
目次